top3

播磨を元気にするハリラボ

ハリラボとは?

播磨のものづくりのルーツ、
それは太古の昔から恵まれた風土。
他の地域にない良質のものづくりを行う、
確かな基盤がありました。

同じ播磨で活躍する経営者・作り手同志が
気軽に出会い、交流し、学びあえる
コミュニティを一緒に作っていきたい。

そんな願いを込めて「ハリラボ」と名づけました。

ここは、播磨ものづくりを元気にしていく場。
次世代を担う仲間と繋がり、
楽しみながらものづくりについて本気で学び、
実践してみませんか?

ハリラボの取り組み紹介

ケーブルテレビ「wink」

姫路経済情報誌「File」
Harima Brand Labo (通称:ハリラボ)とは?
同じ播磨で活躍する経営者・作り手同志が気軽に出会い、交流し、学びあえるコミュニティ。「播磨のものづくりを元気にしていく場」として、参加者の皆さんとともに作っていきます。Facebookページはこちら:Hari-Lab

講座概要

今年はオンライン開催

ハリラボ1年⽬(2018年9⽉〜2019年3⽉)は「伝え⽅」、2年⽬(2019年9⽉〜2020年3⽉)は「売り⽅」をテーマに講座を開催してきました。
3年⽬の今年のテーマは「ファンを育てる」。今回はなんと!無料体験会を3回に増量。さらにオンラインだから播磨のどのエリアからでも気軽に参加できます。

オンラインで商品の魅力を伝える!
写真と文章のテクニック講座

講座テーマ ファンを育てる

オンラインマーケティングとオフラインマーケティングとの違い、それは「発信しないと存在しない」ということ。オンラインでファンになってもらうには?が、今年のテーマ。目に留まるオンライン記事の切り口やライティングのコツ、写真の撮り方をプロから学び、実践する3回シリーズです

無料体験会プログラム

気になるテーマを選んで、気軽に受講できる! ※1講座のみの受講もOK
各講座定員/100名(先着) 受講料/無料

  • 1月8日(金) 18:30〜20:30
    ハリラボを知る
    受講生が語る、ハリラボとは!?

    今年で3回目を迎えるハリラボ。ハリラボってなに?成果は?過去の受講生の生の声を聞きながら、ブランディングの基礎についても学びます。
  • 1月16日(土) 14:00〜16:00
    自社を知る
    聞いただけで買いたくなる?商品売れる度チェック

    あなたの商品を突撃取材!?ワークショップ形式で楽しくマーケティングの基礎を押さえながら、自社製品の強みと弱みを発見します。
  • 1月17日(日) 14:00〜16:00
    写真を克服
    思わず目に留まる!写真の撮り方

    SNSやオンラインショップで目に留まるための最重要要素が写真。写真の撮り方や加工の仕方を学び、その場で撮影&シェアして腕を磨きます。

本講座プログラム

課題を共有し、実践的に学ぶ!
定員/12社(1社2名まで)
※原則全回参加 受講料/15,000円(全3回) *1社あたり

  • 2月20日(土) 14:00〜16:00
    マンネリ投稿からの脱出!
    興味を引くオンライン記事の 切り口を考えよう

    オンラインマーケティングは発信から始まります。とにかくいろんな切り口で発信しながら、いい反応を見つけていくことが最初の一歩です。初回講座では、ネタ出しのヒントを学びながら、自社商品を使ってどんな表現ができるか、切り口の量産にチャレ ンジします。
  • 2月27日(土) 14:00〜16:00
    ファンづくりへの道!
    思わず読んじゃう記事に書き換えよう

    いい切り口の写真が目に留まっても、読んでみて心に残るものがなければファンにはなってもらえません。第2回では、記事ライティングのコツを押さえながら、思わず読んじゃう記事への書き換えに挑戦!目に留まるオンライ ン記事の事例を交えながら、自社商品の写真と記事もブラッシュアップしていきます。
    特典プロの写真家やライターからのオンライン添削付き
  • 3月23日(火)18:30〜20:30
    ファンの心は掴めたか?
    成果発表会と振り返り

    実際に試して振り返るところまでやるのがハリラボ最大の特徴。最終回はその成果 発表会です。第1回で考えたネタを第2回で記事に落とし込み、実際にインスタやフェイスブックで投稿します。約1ヶ月後のこの日、その実践結果をシェアし、みんなで分析して学びを最大化します。

お申し込みについて

応募条件 ①.姫路市および播磨エリアの生産・製造事業者
②.播磨圏域内の流通業者、料理店等のサービス事業者
③.①あるいは②に該当する、概ね40代までの若手経営者および社員限定
応募方法 Webフォームよりご応募いただけます。
無料体験会
本講座
※本講座のみ、応募多数の場合は、記載内容を元に講師陣が厳正なる選考を行います。本講座の受講の可否については2月11日(木)までにお申し込み時の登録連絡先にご連絡いたします。
無料体験会応募締め切り 2021年1月5日(火)
本講座応募締め切り 2021年2月5日(金)
講座はzoomで配信いたします。
会場 オンライン開催
zoomで配信いたします。
問い合わせ 姫路市産業振興課 TEL:079-221-2507 MAIL:harima-brand@city.himeji.lg.jp
株式会社アンド(事業受託者)TEL:079-283-2525 MAIL:ono@and-pj.com

講師陣

小野 義直 ONO YOSHINAO
株式会社アンド 代表取締役
プランナー
イノベーションファシリテーター

小売・サービス業を中心に商品・サービス企画から販売企画まで1000社以上の課題解決を支援。粘り強い対話と仮説検証サイクルをスピーディーに回し、段階的に完成度を高めていくことを強みとする。「ビジネスフレームワーク図鑑」「思考法図鑑」(いずれも翔泳社より出版)


大野 智美 OHNO SATOMI
株式会社アンド
シニアコンサルタント

京都生まれ、東京在住。先生2年、ITプロデューサー16年を経てコ ンサルタントとして独立。以来10年に渡り、企業、行政、学校な ど産官学問わず「ものづくり、人づくり、場づくり」と多種多様 な現場をサポート。現在は5枚の名刺を持つポートフォリオワーカ ーとして各地を飛び回る。異業種に転向した初年、24歳でミリオ ンセラーのヒット商品を企画プロデュースし新市場創出。作って から売るところまでのトータルプロデュース、ブレイクスルーが 求められる新規事業コンサルティング、被災地をはじめとした町 づくり、学校づくりなど幅広い分野において、組織のチェンジ・ エージェントとして業種を問わず活動中。「あのヒット商品のナ マ企画書が見たい」(ダイヤモンド社)掲載。


鶴岡 悠子 TSURUOKA YUKO
フォトグラファー
インスタ講師

難しい専門用語を使わず、実践重視のセミナーはカメラ初心者にも分かりやすく、即、効果が出ると大評判。福島県浪江町のホームページ用写真撮影講座、茨城県古河市の写真講座など行政関係の講師としても活躍中。

前回受講生の声 ※販売会後のアンケートより抜粋

普段、職人のように製造開発に専念しているが、こういう場に来ることで自分のことも商品のことも俯瞰して見られる場をいただいた。思い入れが強くて俯瞰して見られていなかった。2回目の参加だがやはりこういう時間と場の大切さを痛感しました。ありがとうございました。(姫路市/和菓子メーカー役員/20代)

やっぱり受講して良かったです!インプットし、販売会でアウトプットするまでの一連の流れは他ではやっていないすごい取り組みだと思います。振り返り含めて良い時間となりました。(姫路市/食品加工メーカー代表/40代)

あっちこっちに散らばっていたイメージを具体化し、現実にしていけた。この作業はなかなか一人だとできない。今後やっていく上でとても大事な作業ができた。とても楽しい講座てでした。(加西市/農作 物加工メーカー役員/40代)

ハリラボに参加することで自社製品そして自分の方向性を考えることができまひた。また考えたことを1つ1つ具現化して行動できた喜びを感じることができたのが、去年に引き続き良かったです。(姫路市/食品加工メーカー代表/40代)

お客さん目線で考えられたこと、また他の事業者様と学べたことが良かった。次回も参加 したいです。(高砂市/食品加工メーカースタッフ/30代)

※2018年度の1回目、2019年度の2回目のレポートはこちら

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせは下記の宛先までお寄せください。

姫路市産業振興課
TEL: 079-221-2507 MAIL:harima-brand@city.himeji.lg.jp

主催
姫路市

連携
相生市、加古川市、赤穂市、高砂市、加西市、宍粟市、たつの市、稲美町、播磨町、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町

後援
姫路商工会議所、姫路市商工会、姫路経営者協会、はりま産学交流会