【ハリラボ2020 本講座#2レポート】ファンづくりへの道!思わず読んじゃう記事に書き変えよう

先週のネタ出しから書いてきた記事をシェアするところからチェックイン!

ハリラボ3期のテーマは、「オンラインで商品の魅力を伝える!写真と文章のテクニック講座」。「発信しないと存在しない」オンラインマーケティングの世界で「ファンになってもらうには?」を考える2週連続講座もファイナル! そんな今日は、1回目に出したネタから実際に写真を撮って記事を作って持ち寄り、それをさらに「思わず読んじゃう投稿」にするためのポイントを掴む会。

チェックインではまず、作ってきた投稿をシェア。どういう意図で書いたのか、難しかったポイントや迷いなど語りあうところからのスタート!最初のチェックインで出てきた悩みポイントはこんなものでした。

  • ブランドとして変えたくないこだわりをどう伝えていけば?
  • 文章が長くなりがちなのをどうしたら?
  • 1行目の見出しに悩んだ。読みたくなるような見出しって?
  • 見出し難しいー。コツがあればぜひ知りたい!
  • 読みやすい文章の書き方は?
  • 他社商品との違いをどう言語化すればいいか。差別化の工夫を知りたい。 ・ファンづくりするためのキャッチーな表現、ハッシュタグの使い方は?

「読みやすい記事」を考える前に、「読みにくい記事」を考えてみる

「思わず読んでしまう記事」の逆をまず考えてみるところから。

チェックインでも「読む気がしないんです・・・」と自分の書いた記事について感じたという声がありました。まずはそんな「読む気にならない」記事ってどんなのか考えてみます。読みづらいの共通としてあるのは「捉えづらさ」。読む気がするかとなると「新鮮さ」のようなものが加わってきます。読みやすい、読みたくなる記事はその逆をやればいいだけ。逆といっても難しいので、それを具体的に例を見ながら腑に落とします。

記事を見ての第一印象と、記事を書いた狙いを考えてみる。

そこに隠れているのがリライトのポイント!

具体的に目の前で記事を書き換えていくガチな授業。めっちゃわかりやすい!

この記事を見てどう感じたか、まずはみんなで率直な印象を出し合っていきます。

次に、「この記事を読んでどうして欲しかったのか」、書き手の狙いを考えてみます。そこにズレがあったら、それがリライトのポイント。

Point

・誰にどう感じてもらって、どんな行動を取ってもらいたいのか

・そのために必要な情報は?

・最後のひと押しになるかもしれない追加情報は?

この3点で整理すると、どんな写真と内容で書けばいいかが鮮明に見えてきます。

つまり、やっていることは「価値づくり」

「自分の伝えたいこと」の中に「相手にとっての価値を入れる」と読みたい記事になる

例えば、同じ1つの商品でもいろんな人の価値として、何記事にも書き分けられます

目的を明確にすると同時に、もう1つ大切なことは価値づくり。その情報が誰にとっての価値になるのかも捉えていきます。その数だけ実は記事は書き換えられる。それに気づけば、投稿数も格段に増やすことができてきます。そのコツを捉えたところで、実際に自分が作ってきた記事でグループワークへ。自分の書いてきた記事について他の参加者の第一印象を確認、自分の狙いとの差異を捉えつつ、よりよくする案や切り口をみんなで出していきます。

講師もガチでリライト!

手取り足取りで、各社の特長に合わせて、具体的に「刺さる記事」を作っていく

今回の講座はプロによるマンツーマンの添削付き。超実践的すぎて大好評でした!

多様な参加者同士のワークの後は、講師によるガチのリライトコーナーへ。今回の講座では個別に各社さんの記事をプロの写真家とライターが添削するという超実践的な企画付き。講座の最後にいくつかの会社さんの投稿を事例に、講師が作ったリライト記事を見ながら、いいところともっと活かせるところを個別に把握していきました。

これをもとにここから1ヶ月間投稿する個人ワーク期間へ突入です! そして今回も終わってからも盛り上がる充実の居残り座談会コーナー。やっぱり30分以上続く大盛況会でした。

以下、参加者の声をアンケートより抜粋してご紹介します♪

  • ひとつの投稿に対しても、ターゲットを限定していくことで多様な膨らませ方ができることに驚いた。 
  • 写真、タイトル、文章で、どうメリハリをつけ、リンクした記事をつくるかが、とても勉強になりました。 
  • 「誰に」をもっと明確にすることの大切さが分かりました。 
  • ターゲット層、読む側の視点に寄り添って投稿することや、ストーリー・背景などの発信ができることが学べました。
  • 投稿記事を添削して頂きました。伝えたいことがそのまま書かれていて素直に記事にすることで興味がわくものになったと感じました。
  • 「誰に伝えたいか」を十分絞ることの重要性。対象が狭くていい、というのが気付きでした。 
  • 対象者を明確にする、目的により同じ内容の記事でも書き方が全く違うことに驚きでした。 
  • 自分ではわかりやすく書いたつもりでも、なかなか他の方には伝わりにくかった、ということに気がつきました。 誰に何を伝えたいか?を今後は意識します。
  • 添削からそれぞれの方のビフォーアフターをその場で見れて、いつもと違う視点の文章の構成をわかりやすく解説いただいたのがよかったです。 

これを読んでピンと来られた方は是非、2021年度ハリラボに是非ご参加ください。詳しくはこちらで告知して参ります。https://harimabrand.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です