【ハリラボ2019 ピオレ販売会&振り返りレポート】お客さん目線で考えた商品を実際に売ってみたらどうなったか?!販売会&振り返り

一年越し!コロナで延期になっていた販売会が姫路駅前ピオレで開催されました

春爛漫の春分の日、コロナで1年延期になっていたハリラボ2期生のリニューアル商品のテスト販売会が姫路駅前ピオレで開催されました。待ってました!まだまだ人出は少なめなもののやはり売り場に出ると気づきが多い!予想していない角度でお客さんからのリアクションが返ってきたり、お客さんの行動を観察する中で新しい製品のアイデアを思いついたり、お客さんから「こういうの作ってくださいよ!」と直接言われたり。やっぱりリアルなお客さんとの交流からの学びは大きい1日でした。

今回の販売会では、ワークショップ企画も用意。お客様の生の声やリアクションから、新製品のアイデアも自然と生まれてくる

何にワクワクしているのか?お客さんの気持ちが見えてくる体験コーナー

2年目の販売会では、売るだけではなく、体験コーナーも用意。革細工や美味しい食べ方ワークショップなどを開催し、さらにお客様との体験交流の場を増やしたところ、

試食や販売だけでは確かめられないお客さんの目線や声、反応がより鮮明に見えてきます。どの告知情報から当日やってきたか、どんな年齢の人が何に興味を持つか、またそれはなぜか?どんな日常がそこにあるのか、感じているうちに自ずと「こんな売り方があったらどうか?」「こんな製品があったらいいのでは?」とどんどん浮かんできます。ハリラボ2を通してやってきたのは、この現場100回!売り場に行く、買い手の行動を見る、買い手と対話する。そうする中で、なぜ買わないのか、どこがずれているのかなどが見えてきて、売り手目線だった世界から、買い手の目線や気持ちを取り戻していくのです。

どっちのパッケージ、サイズや価格帯がいいか、試しながらのテスト販売。恐る恐るだった商品リニューアルに確信が芽生えてくる

「美味しい!」と思わず大声で叫ぶお客さんに、不安が吹き飛ぶ瞬間

買いにくい価格帯・サイズだった製品のラインアップを増やし、お試しサイズ作ってみたり、印象が薄いネーミング・パッケージだった製品のラベルをリニューアルして2パターン作って試してみたり、売り場に行って感じたことから全くの新製品を数量限定で作ってテスト販売したり。参加者それぞれが講座を通して課題を分析し、仮説を立てて新製品や新路線を生み出して検証する、ハリラボ恒例の実践の機会。仮説通りのこともあれば、裏切られることもあれば、仮説以上のことも起こる。その試行錯誤の中で、市場とメーカー、お客さんと作り手のチューニングができていく。市場とのズレなくものづくりが生まれていく。それがハリラボ2が目指したGOAL。迷ったら外へ出る。この大切さを再確認した時間でもありました。

1年越しの販売会の後は、1年越しの振り返り会へ。まずは販売会でとったハリラボ恒例のお客様アンケートを見ながら振り返る

販売会ではいつもお客さんアンケートを取るのがハリラボ恒例。ここの学びが大きい

販売会から1週間後に実施した振り返り会。こちらはオンラインで実施。まずはハリラボ恒例のお客様アンケートのシェアから。出店者の商品に限らず、コロナ前後で購買傾向や嗜好が変わったか、播磨のお土産への不満や期待をヒアリング。その全体像を押さえながら、実際に販売してみた結果を順にシェアしていきました。

実際に販売しての気づきやそこからの新たな仮説を少しご紹介♪

  • 思っていた製品とは違う製品の方が反応がよく、売れた。
  • 形を変えると違う年齢層やニーズ層に売れることがわかった。
  • 場所が変わると求められるものが変わる。この売り場の人は何を求めているのか、立地や場所を考えて製品を用意することの重要性を再確認した。更に言えば、販売させてもらう店舗さんのコンセプトなどもしっかり押さえることも視野に入れる。その場にいるお客さんに求められているものは何かを考えることも大事。
  • 高い製品は手作り体験ワークショップをすると愛着が湧いて最初の一歩に繋がる
  • SNS投稿を見てワークショップに来たという人が居て驚いた。コロナ以降、出てウロウロして探すというより、SNSで探してピンポイントでくるという流れが若い層だけではなく年配層にも増えているのかも知れない。今後告知を頑張っていくといいかも。
  • ワークショップの時には参加シートに連絡先を書いてもらって、今後もそういう機会があったらダイレクトに連絡する流れを作るといい。データベースは宝。
  • コロナ以降、直接来ることの障壁は高くなっている。なのでその機会を大切に使うようにするといい。QRで連絡先をもらってミニ商品を配り、SNSやウェブ紹介用の写真や感想を頂くなどもするといい。

最後はここ1年の近況報告と悩みの相談会へ。1年ぶりかつオンラインだけど一度一緒に学んだメンバーとの一体感は変わらず!

久々に顔を見たメンバーの活躍も聞いていて嬉しいし、励みになる!

販売会の結果をシェアした後は、今回参加できなかったハリラボ2メンバーの近況報告や、ハリラボ3も参加したメンバーの体験をシェア。1、2、3回と継続的に講座を受講している参加者の学びも、継続参加できなかったメンバーにも伝えられたらという思いもあり、雑談を交えながら面白く語り合う時間。こういう場があるだけで、悩んでいる課題へのヒントが見つかったり、一人だと突破できないでいた課題を吐き出して、みんなでアイデアを出したり。このコミュニティの力が、ハリラボのもう一つの大きな屋台骨であり楽しみでもあります。1年越しとなりましたが、ハリラボ2の最後の晴れの舞台を無事終了できたことにホッとした我々スタッフ一同です。

これを読んでピンと来られた方は是非、2021年度ハリラボに是非ご参加ください。詳しくはこちらで告知して参ります。https://harimabrand.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です